団扇の作り方 伝統工芸、奈良団扇、奈良扇子、製造、販売
池田含香堂
製造販売
池田含香堂
奈良団扇
扇子
ギャラリー
商品ギャラリー
並鹿
新鹿
中鹿
中正
上正
百人一首
飛天
七宝つなぎ
奈良扇子
小物
団扇製作風景
にゅーす
昭和ギャラリー
奈良団扇
ホーム
団扇制作
1.染め ドーサ引き(ニカワを塗る)をした和紙に、顔料を丸刷毛で染める  
2.乾燥   染めた紙を天井に張った紐に掛けて乾燥させる
3.型写し 紙を重ねて四隅を綴じ合わせ、上に図案を切り抜いた型紙を置き、墨を付けた刷毛で模様を紙に写す 団扇の作り方
4.透かし彫り 団扇の作り方 和紙の束(20枚)を朴の台の上に置き、細い小刀で模様を突き彫りにする
5.貼り 和紙と骨に自家製糊をはり板で叩くようにして付け、骨を並べてから密着させる 団扇の作り方
6.乾燥 糊付けの終わった団扇を天井に張った紐の上にのせ、一昼夜乾燥させる
7.念はぎ 1本1本の骨沿いに2本合わせの竹べらをを走らせ、骨が浮き上がるように筋をたてる 団扇の作り方
8.手元貼り 団扇の作り方 骨と柄の継ぎ目の手元と呼ばれる部分に、補強と装飾を兼ねて模様の紙を貼る
9.裁断 外周の余分な骨や紙に裁断用の刃物をあてがい木槌でたたいて切り落とす 団扇の作り方
10.ふち取り   断ち切った扇面の縁に紙や絹を張り、全体を美しく仕上げる